インテリ向け

【総括】AIを超える頭脳の持ち主はみんな破滅します

わいの精神状態を表した写真です。

自問自答のデュアルコアCPUが全コア「鬱モード」になるとこうなります。

コアとコアを繋ぐ良心(記録係)が真ん中におるんですが、明らかな異常を関知していてもCPUにはアクセスできない構図になっているんですわ。




コア1
コア1

あれ?ひょっとしてIPv6でファイアウォールがガバガバになってたりする?


コア2
コア2

inputがdenyモードなら相矢倉でしょ?


コア1
コア1

でも、ルーターすっ飛ばして飛車先交換腰掛銀になったらどうすんの?嬉野流トンネル戦法で詰みになったりしない?


コア2
コア2

ufwで森下システムをnoにして、念のためにsysctlでブート時にゴキゲン中飛車させるしかないわ…。


コア1
コア1

いっそのことアマチュア無線でも始めてみようか…。



この会話に割って入れる第三者が存在すれば、CPUのクロックを下げることが可能になります。

しかし、現実はそうではないのでますます自問自答が加熱していき、いわゆる「奇行」「妄言」と呼ばれる症状がひどくなっていくわけです。




極めて稀に、一瞬だけ人と会話しても「なに言ってんの?こいつ?」みたいな顔をされることが増えました。

たぶん相当にイカれてしまっている人間だと思われていることでしょう。




▲ 想像力は人生を破滅に追い込む

思い切って己の脳天をぶち抜き、「わかりました」しか言えない人間に改造するしか道はないかもしれない。

人間らしく生きるってそういうことじゃなかろうか。