インテリ向け

【PC版】ドラクエ11Sの体験版がすごい!文句なしにおすすめ!

まったくもって注目されていませんが、スイッチ専売だったDQ11Sのパソコン版が12月5日に発売されます。

ナンバリングのドラクエがPCで遊べるのは異例のことなので、購入を検討されている方もいらっしゃるかもしれません。

現在、Steamではパーティーが4人揃うところまで無料で遊べる体験版が配布されているので、試しにプレイしてみた感想を書いてみます。




チェック① PC版では60fps以上を設定できるぞ!

家庭用ゲーム機では30fpsでほぼ固定状態だったのが、PC版では60fpsはもちろんのこと、ゲーミング液晶用に144fps以上も設定できるようになっています。

解像度も自由に設定できるので、WQHDや4K環境で遊びたいという人でも満足できるようになっています。


ただし、後述するように高フレームレートを実現するには相応のPC環境が求められるので、購入前には体験版を通じて動作をよく確認するようにしてください。

※ よくわからない人は垂直同期の設定をONにしておくことを推奨します。液晶に合わせたフレームレートになるので、無駄な電力消費や騒音を抑えることが可能になります。


チェック② 要求PCスペックは最低でもGTX1050Ti以上か?

筆者の検証環境ではフルHD(1920*1080)でしか確認することができませんが、RTX3080なら広いフィールド上でも平均180fps前後をマークしていました。

家庭用ゲーム機では30fpsでほぼ固定されていたため、画面がガクガクで3D酔いに耐えられなかったという真のゲーマーさんでも、PC版ならば本来あるべき動きを快適に楽しめるはずです。


ただ、一部重いシーンでは120fps程度までフレームレートが下がっているのを確認したので、常時144fps以上を維持するにはRTX3080でも厳しいかもしれません。

仮にWQHDや4Kのような高解像度の液晶で遊びたいのであれば、それなりのPCスペックが求められることは覚悟しておく必要があるでしょう。


諸々のデータから推測すると、フルHD+最高設定で60fpsを維持するにはGTX1070やRTX2060あたりの性能が求められるようになり、画質設定を妥協するにしてもGTX1050Ti以上のグラボを搭載していないと厳しいかもしれない。

一応、公式でも「GTX960以上を推奨」と記載されていますので、少なくともグラボ非搭載のノートPC等で遊ぶのは現実的ではありません。




チェック③ SSDならロード時間は1秒未満の爆速!

PS4版では「ロード時間が長すぎる!」と大不評でしたが、SSDを搭載した今どきのPCであれば1秒未満で終わります。

最も処理に時間がかかると思われる『タイトル画面からフィールド画面への移行』でも、ほんの一瞬で画面が切り替わるので超快適に遊べるようになりました。


ただし、総合的なローディング時間はCPUやグラフィックボードの性能も影響してくるので、必ずしも『SSDさえあれば1秒未満で読み込める』わけではありません。

このあたりの動作についても、御自身の環境ではどれぐらい時間がかかるのか体験版でテストしておくと良いでしょう。




チェック④ 「Sは画質劣化版」というのはフェイクニュースです

一部のフェイクニュースサイトが「DQ11Sは無印より画質が劣化している!」と拡散していますが、少なくともPC版をプレイして無印PS4版よりも劣化している印象は受けませんでした。

画質設定をすべて「最高」にしている状態ならば違和感はまったくありませんし、先ほど紹介したように「高フレームレート」というだけで、映像に関する総合的な評価は無印版を圧倒しています。


今回のPC版解禁によって、ようやく現代にあるべきドラゴンクエストが正しい形で登場したと言えるでしょう。

『60fps未満の映像はパラパラ漫画でしかない』というのは全世界共通の認識ですので、1コマ1コマだけ静止画を切り取ってマウントを取り合っている日本人ゲーマーは恥を知るべきです。




【結論】 迷わずPC版を買え!Steamにて絶賛予約受付中!

去年に続いて今年もPC界隈が大きく賑わいましたが、それに呼応するように日本のゲームソフトもPC版が多く登場するようになりました。

昨年末に発売したPC版ビルダーズ2のSteamレビューが世界的に大好評であるように、今回のDQ11Sもそれなりの評価を得られるのではないかと期待しています。


必ずしもゲームの面白さと画質の良し悪しがリンクするわけではないとはいえ、世の中には「最低限は超えるべきハードル」というものが存在するわけで、スイッチやPS4版のドラクエ11がそれを満たしていたとはお世辞にも言えない状況でした。(あんな画面ガクガクのゲームは直近5年では唯一無二と言っていいレベル)

今回紹介したPC版ドラクエ11Sについては完全版というよりも『正式版』という表現の方が適切に思えるぐらい、我々JRPGファンが夢見たドラゴンクエストがようやく形になってくれたとスクウェア・エニックスには賛辞を贈りたいと思います。




真の大冒険が始まるのは12月5日!

「たっぷり遊べる体験版」ではセーブデータを引き継ぎ可能なので、少しでも興味があるPCゲーマーは今すぐダウンロードしましょう。


もちろん筆者は購入しません。今さら3年前のRPGに5000円以上は出せねえよw