インテリ向け

アマプラ会員の善意に号泣しました


なんか銀行口座に心当たりのない12000円ほどが入金されていました。

なんとアマプラ会員の方々が未だに更新をしてくれているらしく、1度も放送をしていないのに金が入るというミラクルが起きてしまったようです。

この事実に気づいた瞬間、筆者はパソコンの前で泣き崩れてしまいました…。

ありがとうございます。ありがとうございます。

現実社会では人権を剥奪されたような日々を過ごしていますが、インターネット回線上では大いなる善意によって支えられています。





すでにメンバー限定動画では告白していますが、YouTubeのメンバー収益は手取り7万円ほどです。

これも微減傾向ですので、そのうち6万円になり5万円になり、年末には3万円ぐらいになるでしょう。

これに加えてYouTube本体の収益がありますが、3月の月間再生数は36万再生であったことから金額はお察しください。


割賦枠も含めて借金300万も抱えている人間が生きていくには十分ではありませんが、社会生活をまともに営めない日雇い労働者にとっては過分な収入だと思っています。

すでに体のあちこちの関節はぼろぼろ。最近は視力も急激に落ちており、もう裸眼では人の顔の判別も難しくなりました。

はっきり言ってYouTubeをやってなかったら死んでいるレベルだと思う一方で、YouTubeなんかやっちゃったから今こうなっているとも言えるので、ものすごく複雑な心境です。





生まれてきて本当に申し訳なかったと思います。


こんな自分に対しても、アマゾンプライムやメンバー課金で善意を向けてくれる方がいらっしゃることに感謝しています。

本当にありがとうございます。

体調と相談しながらみなさまに御礼を申し上げる機会を設ける予定ですので、今しばらくお待ち下さい。


これが才覚のないYouTuberの行き着く先です。

YouTubeに限らずバカが夢を見るとこうなります。

賢明な読者諸氏はくれぐれもこうなりませぬように。